英語カリキュラム

みなさん、こんにちは。学習空間 横浜エリア、戸塚平戸教室の宮川です。

さて、英語(だけではなく、ほとんどの教科がそうなんですが。)が今年度から新カリキュラムになりました。
中学2年生、3年生はカリキュラムが入れ替えになってしまい、教科書に載ってない文法とかあるかもしれません。

例をあげると
今までは 現在完了形 3年で習う
が 新カリキュラムでは 2年で習う
となると、今年3年生は教科書に現在完了形がないまま進学することになります。

なので、自分の教科書にそういう文法がないか、高校受験教材をつかって復習しておくといいです。

新カリキュラムになってもしっかり対応していきましょう。!!

以上、戸塚平戸教室 宮川でした。
神奈川の塾なら個別指導の学習空間

いいスタートを

個別指導塾の学習空間、海老名教室の松本です!

新年度がついに始まりましたね。海老名教室では英語・数学中心に予習を進めています。
最初の中間テストでいい点を取れれば自信もつき、その後も安定して点数が取れます。
感謝の気持ちを常に忘れず結果を出していきます。
まだ空きがございますので興味のある方はご気軽にご連絡ください。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

授業が部活が本格的に始まってきましたね!

個別指導塾の学習空間 大井松田・厚木東教室の小林です!

4月も3週目に入り、表題のとおり授業や部活が本格的に始まってきた感があります!

今週は、生徒さんと「理科や社会どの単元から始まった?」「ワーク配られた?」といった会話がさかんに繰り返された印象です。
早いところはもうワークが配布されています。この各教科の副教材であるワークは、授業を補うため出されているので、今の生徒さんは学校以外でもしっかり学習量を確保しなければなりません。今年度からは内申書の項目が各教科一律、3項目になるためより重要度が増すのではないかとされています。
ほっといたら溜まってしまいがちになるものでですので、生徒さんにしっかりと意識付けを行い、学校ファーストの動きがでいるようにしていきたいですね。

また部活動も日が伸びて、最終下校が18時になっているので1年で一番、長時間になる時期にさしかかっていますね。
先週あたりは、その反動で中学生が疲労の色が濃い状態でした。
慣れるまで少しかかるかもしれませんが、疲れた状態でも後にやってくるやらなければいけない瞬間のためコツコツ積み上げていきたいですね。

大型連休まであと10日余り。あっという間にやってきそうです。
体調管理に十分注意して学校生活を充実させていきたいですね!!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

今年の目標

みなさん、こんにちは。
個別指導塾の学習空間、横浜エリア 戸塚平戸教室の宮川です。

さて、みなさん四月ですね。新年度が始まりました。

新しい年度なので、私の目標を発表したいと思います。それは横浜に学習空間の2教室目を出す!ということです。

もちろん今は、戸塚区平戸、南区六ッ川などの地域の皆様に知ってもらう事、教室周辺の地域の皆様に貢献できる教室作りを目指しております。

しかし!!学習空間を必要としてくれている生徒様が横浜市にはまだまだいっぱいいると私は思っています。
なので、その生徒様のためになるべく早く2教室目をオープンできればと思っています。

以上、横浜エリア 戸塚平戸教室の宮川の今年の目標でした。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

新学期と由来

個別指導学習空間、小田原東・南足柄教室の黒須です!!
4月に入りましたね!新年度を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
新年度は慣れないことも多いですが、無理をせずに少しずつ慣れていきましょうね☆

さて皆様、4月はどのようなイメージがありますか?
出会いや別れの季節のイメージが強いですが、僕はやはりお花見の印象があります!
お花見ではお花団子(3色団子)を食べる習慣が昔からありますが、その由来はご存じでしょうか?
『季節を食す』という意味を込めて、ピンク=春、白=冬、緑=夏を表しているようです!
「あれ?秋はないの?」と思った方!「秋がない」→「飽きがない」という洒落があるようで、秋のお団子は存在しないみたいです…
お団子が大好きな僕にとっては、大変残念ですm(_ _)m

調べてみると、いまでは当たり前なものでも洒落やゲン担ぎから決まったものはかなり多いみたいです!
たとえばおにぎりの付け合わせのたくあんの数、皆様「2枚」を想像しませんか?
元々の由来は、お侍さんにおにぎりの付け合わせとして提供したことが由来のようです。
1切れ→「人切れ」=「人を切る」、3切れ(みきれ)→「身切れ」=「自分の身が切られる」と、縁起が悪いということで、現在のオーソドックスな「2切れ」が浸透していったようです。

探してみると、もっとたくさんあると思います!
個人的にはこういった由来の話に興味がありますので、ご存じの方はぜひ教えていただけたらと思います!!
では、今回はこの辺で締めさせていただきたいと思います!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

新発見は、意外なところに!?

個別指導塾の学習空間 秦野西・伊勢原教室の石原です!

 入学式、始業式を終え、いよいよ来週から多くの学校で授業が本格的に進むのではないでしょうか?しかし、新年度の初めは、新しいクラスでの学級活動や身体計測などがあり、また一月後にはゴールデンウィークがあるのであまり「勉強したー!」という感じがしませんね。ただ、三学期制の場合は勉強が本格的に始まったと感じる頃には、第一回目の中間試験が迫っている頃というのが不思議なようにも感じます。先のことのように思えますが、新しい学年を満喫しながらも日々の学習には計画的に取り組んで下さい!
 さて、新年度の学級活動では、自己紹介をするような掲示物を作成する場面があるかと思います。私も中学、高校と学生時代は作成した記憶があります!個人的にはこの掲示物はとても魅力的なものに感じていましたが、皆さんは如何でしょうか?たった一枚の紙に、その子の好きなこと、嫌いなこと、興味のあること、趣味などが分かるのは内容次第ですが、書いてある字がきれいな字なのか読みやすい字なのか、シャーペンで白黒で書かれたものなのか、ペンなどを使ってカラフルに作成されたものなのか。内容以外にもその子の性格や価値観などが少しでも分かるような気分になるのでとても楽しかったです。皆さんも、掲示物には興味を持って見てみて下さい!新しいクラスの一面が見られるのはとても面白いですよ♪
 それでは、今回はこのあたりで失礼します。
神奈川の塾なら個別指導の学習空間

帰ってきた講師

神奈川県、そして横浜市のみなさま、初めまして。学習空間、横浜エリア、戸塚平戸教室の宮川といいます。

今までは静岡県御殿場市の学習空間御殿場教室で教室長を務めておりました。
そして、この度、学習空間が横浜市に初上陸させていただきました。

横浜市初の教室となるのがこの戸塚平戸教室となります。

横浜市初の教室なのに、タイトルは【帰ってきた講師】?まあ、変ですよね。

実は、私はもともと川崎出身なのです。なので、正確には隣の市ですが、よく横浜には遊びだったり仕事で行ってたりしたので、ほぼ帰ってきたということです。

まだ戸塚区平戸に一教室のみの寂しい状況ではありますが、これから横浜市に学習空間ありと思ってもらえるように、教室も増やしていこうと思っていますし、
なにより横浜市民の皆様に愛される学習塾を目指しております。

戸塚区の平戸や南区の六ッ川、保土ヶ谷区の境木など、その周辺地域にお住まいで塾を探していらっしゃる方、新規生徒を募集中ですので、お気軽にご連絡ください。

以上、戸塚平戸教室 宮川でした。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

センバツ高校野球

個別指導塾の学習空間 大井松田・平塚中原教室の石垣です!

先日、センバツ高校野球の決勝が行われましたね!
神奈川の東海大相模高校が優勝という形で大会が終了しました。
おめでとうございます!
投手を中心とした守りの堅いチームでしたね。
早くも夏が楽しみになっています。
感染症の影響を受け、部活動への影響も大きいですが、今後も無事行われることを祈っております。

今週はいよいよ入学式あるいは始業式ですね!
新年度、期待と不安が入り混じるかと思いますが、よいスタートを切りましょう!
では、またお会いしましょう!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

春期講習!!

個別指導の学習空間 平塚中原・伊勢原教室の松本です!

みなさんこんにちは!

各教室で春期講習が始まっていますね!6日間と
いう短い期間ではありますが、多くの生徒さんが次学年を見越した濃い内容をやっていただいています。講習メニューでやる量は少なくないと思いますが、授業が止まっているチャンスを最大限活かしていきましょう!

さて、どの学年でも、数学の始まりは計算がメインになります。今まで数学が苦手だった生徒さんでも、練習をしっかり積めば必ず点数がとれるチャンスになりますので、やり方が分かったら何度も繰り返しをしていきましょう!
また数学が比較的得意な生徒さんは、一つのケアレスミスで大きく点数を落としてしまう怖さがある分野になります。途中式をしっかり書くこと・間違い直しを丁寧にやるなど、普段の進め方を今一度確認していきましょう!

新年度一発目のテストに向けて、今だからこそやれる準備をしていきましょう!それでは!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

集合写真において誰も目をつぶっていない写真を撮るために必要な枚数

みなさんこんにちは!
個別指導塾の学習空間。厚木東・南足柄教室の田島です。

春ですね!
3月末ということでお別れの季節となって参りました。
別々の学校に行く前にクラス全員や仲のいい友達で集まって写真を撮ることがあるかと思います。

その写真で目をつぶってしまう人がいると悲しいですよね…

実は集合写真において誰も目をつぶっていない写真を撮るために必要な枚数というものが数学的に考えられていることはご存じでしょうか?
2006年イグノーベル賞の数学賞において大真面目な研究が発表されました。

なんと複雑な公式がありますがここでは割愛します。
明日から使える便利な数字だけお伝えします。

20人以下の人数で写真を撮る場合、
明るい場所なら「人数÷3」
暗い場所なら「人数÷2」
の枚数を撮影すればOKらしいです。

数学というものがこんなくだらないけど役に立つことに使われてるということでちょっとでも数学が面白いと思っていただけると嬉しいです。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間