秋は関数。夕日の差して~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個別指導塾の学習空間、厚木東・南足柄教室の田島です。

春は計算。夏は方程式。秋は関数。冬は図形。という言葉を聞いたことはありますか?
聞いたことはないはずです。なぜなら今作ったからです。

よく考えてみると、数学の学ぶ内容は1、2、3年と同じ時期に同じような単元を学んでいるように思えます。
つまり、1、2年生は新しい単元に入る時、ちょうど1年前の内容を覚えていなければいけません。

9月に入った今、2年生は一次関数。3年生は二次関数に入った頃だと思います。
ちょうど1年前の内容を覚えていますか?
例えば、3年生の二次関数において、2年生の一次関数で学んだ「変化の割合」。
yの増加量/xの増加量、であること。直線の傾きであることは、分かっている前提で話が進みます。

もう一度聞きます。
1年前に学んだ単元の内容を覚えていますか?

新しい単元に入る時の準備、復習がとても大切です。
入った1歩目で躓かないように1年前の内容を意識して復習するといいでしょう。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA