計算の季節

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個別指導塾の学習空間、厚木東教室・南足柄教室の田島です。

新学期始まってから2カ月が経ちました。
もうみなさん新しい学年での学校生活に慣れてきた頃だと思います。
私は理系の先生なので、また数学の話になってしまうのですが、
春のこの時期は計算メインの単元になっていると思います。
1年生は「正負の数」2年生は「式の計算」や「連立方程式」3年生は「展開・因数分解」を勉強していると思います。

今日話したいテーマは「計算ミス」です。

今の時期の数学の勉強は先生はあまり難しい話はしていないと思います。
よってテストの点数を左右するのは計算の精度になります。
なのでここでひとつ計算ミスの多い生徒にアドバイスさせてください。

計算ミスをなくすコツは「計算式を大きく丁寧に書く」です。
途中式書いていませんというのは論外なので今すぐやめましょう!

「きれいに」ではなく「丁寧に」書くことが大切です。
字をきれいに書くのが苦手な人でも心をこめてていねいに書きましょう。

一番のメリットは1字1字丁寧に書くことで、書いた内容がある程度頭に入ることです。
例えば計算した後、最初に使った式を代入したいとき、その式を見つけるのに苦労してる人はいませんか?
それは流れでさらさらーっと飛ばしながら書いている証拠です。

自分がどんな過程を経て答えにたどり着いたのか?答えを出すのに必要なパーツをどこに置いてきたのか?
分かりやすくするために丁寧に途中式を書きましょう!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA