新学期と由来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個別指導学習空間、小田原東・南足柄教室の黒須です!!
4月に入りましたね!新年度を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
新年度は慣れないことも多いですが、無理をせずに少しずつ慣れていきましょうね☆

さて皆様、4月はどのようなイメージがありますか?
出会いや別れの季節のイメージが強いですが、僕はやはりお花見の印象があります!
お花見ではお花団子(3色団子)を食べる習慣が昔からありますが、その由来はご存じでしょうか?
『季節を食す』という意味を込めて、ピンク=春、白=冬、緑=夏を表しているようです!
「あれ?秋はないの?」と思った方!「秋がない」→「飽きがない」という洒落があるようで、秋のお団子は存在しないみたいです…
お団子が大好きな僕にとっては、大変残念ですm(_ _)m

調べてみると、いまでは当たり前なものでも洒落やゲン担ぎから決まったものはかなり多いみたいです!
たとえばおにぎりの付け合わせのたくあんの数、皆様「2枚」を想像しませんか?
元々の由来は、お侍さんにおにぎりの付け合わせとして提供したことが由来のようです。
1切れ→「人切れ」=「人を切る」、3切れ(みきれ)→「身切れ」=「自分の身が切られる」と、縁起が悪いということで、現在のオーソドックスな「2切れ」が浸透していったようです。

探してみると、もっとたくさんあると思います!
個人的にはこういった由来の話に興味がありますので、ご存じの方はぜひ教えていただけたらと思います!!
では、今回はこの辺で締めさせていただきたいと思います!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA