15年間の勘違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個別指導塾の学習空間、厚木東・南足柄教室の田島です。
先日、衝撃的な出来事がありました。

中学1年生の国語の教科書に「星の花が降るころに」という作品が載っているのですが、
その主人公が男の子だと勘違いしていました。
15年前に学んだ内容をずっと勘違いしててまさかの生徒に教えてもらうってことがあるなんて思いませんでした。
戸部くんの印象が180°変わる衝撃的な出来事でした。

そして立て続けに衝撃的な出来事がありました。

自分が中学生のころの教科書には「星の花が降るころに」という作品は載っていないという…

自分が中学校で学んだという存在しない記憶がありました。
書いてて思いましたが、自分でもわけわからなくなっていますね。

人間の記憶というものは全く信用できないということを身をもって知りました。

中学生以上の皆様は中1の国語の教科書の作品は個人的に面白い作品がたくさんあるので一度読み返してもいいかもしれません。
蓬莱の玉の枝を持ってきてくれる人と結婚できるように日々精進していきましょう!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA