もうすぐ夏ですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個別指導塾の学習空間、秦野西・平塚中原教室の小野江です。
いよいよ夏も近くなってきましたね。
とても暑くなり、頭がガンガンしてます。。。
そうです。少しだけ風邪っぽいかな。
みなさん、本当に風邪には気をつけてくださいね!

さてさて季節とは関係ないですが、最近色々とニュースで今の首相の安倍さんについて色々と報道されていますね。
社会の時事問題などで「アベノミクス」なんて書かされた人がいるかもしれません。
同じ人が首相をするなんて事は、日本では安倍さんが初めてみたいですね。
期待もとても大きいように思います。
実は私は安倍さんと母校が同じで、勝手に親近感も覚えています。
そのため、今の首相の動向などは無駄にチェックしてしまい、安倍さんが頑張っているとこちらも何か元気が出てきます。
やはり、人間、身近なものに対しては興味が湧いてくるのかもしれません。

勉強も遠いものだと思うと少し興味は薄れてしまうと思いますが、少しでも身近に感じる事が出来れば覚えも数段良くなるかもしれませんね。
例えばニュースで頻繁に出る「デフレ」
これから中学3年生は公民で習うかもしれませんね。

「デフレ」とは今の日本がかかっている病みたいなもので、一般的には「物価が下がる」と考えてもらえたらと思います。
物価が下がるなんてラッキーじゃんか、と思う人もいるかもしれませんが、違うんです。
物を買う人もいれば反対側に売る人もいますよね
その売る側の人の利益が減って、しまいには給料も下がってきてしまうんです。
実際に統計などでもここ数年、給料が下がってきているんです。
お父さん、お母さんの給料が減ったら当然、自分のお小遣いも減って気分も下がり気味ですよね。
この「デフレ不況」を今の安倍さんが退治しようとしてるから人気が出たんですね!

さらに言うと、この「デフレ不況」は歴史でやったアメリカで1929年に起きた「世界恐慌」と状況が似ています。
ここでアメリカは悲惨な目にあい、都市部では50%もの失業者を出し、世界中が混乱、それが第二次世界大戦の遠因ともなっています。
だから戦後、「デフレはまずい!」事が共通の意識となり、各国がデフレを避けてきたんです。

今の日本は暗~い感じですよね。
だんだん苦しくなるという状態ですよね。
色々な理由があるでしょうが、その原因は一つには「デフレである、なぜなら○○だから」と自分の中で簡単に説明出来てくるとパーフェクト!
あれ程嫌だった勉強も自分の中で消化できた証拠だと思います。

このように勉強も少しでも身近なものとしてとらえるよう、工夫してみてくださいな!
そこで新しい発見もあり、勉強の楽しさを実感できるかもしれませんよ☆

それでは夏本番!
楽しんでいきましょう♪

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA