継続することの大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個別指導塾の学習空間、大井松田教室・平塚中原教室の青山です。

この時期になると、部活動を引退する中学3年生が多くなりますね。
本日も、とある生徒の最後の試合を見に行ってきました。
よく生徒とも部活について色々と話をするのですが、最近よく思う事があります。

部活動というのは、全員が全力でない瞬間、というのが正直あるのではないかなぁと思います。
本気でやりたい生徒、ぼちぼちやりたい生徒、あまりやる気がないけど何とか続けている生徒
など様々なのだと思います。

これはある意味、すごく社会に共通するものがあるんじゃないかと、私自身感じている部分です。
やる気がある生徒が、やる気のない生徒にイライラしたり、やる気のある生徒が流されてしまったりなど
社会という集団にすごく似た状況が生まれがちなのかな、と思います。

ただ、全力で続けてきた生徒にしか、見えないもの、わからないもの、後から生まれる価値というのがあると思います。

でも、しっかり2年半続けてくることで見えてくるものは、どんな生徒であれ、あると思います。
それが達成感なのか、後悔なのか、解放感なのかわかりませんが
それが今後の人生にマイナスになることはないのかな、と思います。

特に、全力で戦ってきた生徒は、結果がどうであれ、まずは自分を褒めてあげてほしいです。
苦しくても続けてきて、全力でぶつかってきたことを。
負けても、決して無駄ではなかった2年半が残っていると思います。
これから先、つらいことがあっても、きっとこれを糧に頑張っていけると思います。

今の努力はこれからの宝物になります。
それはこれからある受験もそうです!
小さな努力を、卒業までしっかり続けていきましょう!!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA