南足柄市

顕性形質と潜性形質

みなさんこんにちは!
個別指導塾の学習空間、厚木東・南足柄教室の田島です。

新年度になりました。
みなさんは新しくなった教科書を読んだりしていますか?
その中で驚くことが書かれていたので紹介したいと思います。

それはタイトルにもある通り、顕性形質と潜性形質です。

中学3年生の理科の生物の授業で習う単語だったのですが、
去年までは優性形質、劣性形質ということばでした。
それが今年から名前が変わった単語です。

なぜ変わったかというと、
優勢形質と劣性形質という言葉を見ると優性が優れていて、劣性が劣っているように感じます。
しかしそういったことではないです。
ただ単純に、子どもに現れやすいのかどうかというだけであって
その形質に優劣があるわけではないです。

そういった誤解しやすい言葉が変わっていくのは時代の流れを感じますね!

今年は教科書改訂の年なので探せばもっといっぱい新しい言葉があるかもしれません。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

集合写真において誰も目をつぶっていない写真を撮るために必要な枚数

みなさんこんにちは!
個別指導塾の学習空間。厚木東・南足柄教室の田島です。

春ですね!
3月末ということでお別れの季節となって参りました。
別々の学校に行く前にクラス全員や仲のいい友達で集まって写真を撮ることがあるかと思います。

その写真で目をつぶってしまう人がいると悲しいですよね…

実は集合写真において誰も目をつぶっていない写真を撮るために必要な枚数というものが数学的に考えられていることはご存じでしょうか?
2006年イグノーベル賞の数学賞において大真面目な研究が発表されました。

なんと複雑な公式がありますがここでは割愛します。
明日から使える便利な数字だけお伝えします。

20人以下の人数で写真を撮る場合、
明るい場所なら「人数÷3」
暗い場所なら「人数÷2」
の枚数を撮影すればOKらしいです。

数学というものがこんなくだらないけど役に立つことに使われてるということでちょっとでも数学が面白いと思っていただけると嬉しいです。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

数検の申し込みをしました。

みなさんこんにちは!
個別指導塾の学習空間、厚木東・南足柄教室の田島です。

突然ですが、数検の申し込みをしました。
4月にテストを受けます。
何級かはひみつです。
テスト勉強は忙しいのでしないつもりです。

漢検、英検は有名ですが、数検はあまり有名でないので悲しいです。
みんなも受けましょう!
今まさに受付申し込み期間中です。
自分の教室の生徒も一緒の時期に受けるみたいで嬉しいです。

各学年ごとに級が分かれているので今所属している学年の内容までの級を選択して受けてみるといいかもしれません。
自分は死ぬまでに1級まで到達したいなあと夢見ています。
という事は今回受けるのが1級ではない事がばれてしまいましたね…

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

こんこんきつねのメネラウス

みなさんこんにちは!
学習空間 厚木東・南足柄教室の田島です。

突然ですが、図形がかわいいと思った事はありませんか?
何を言っているんだこいつはと思うかもしれませんが、私はあります。

下の画像をご覧ください

この図形はメネラウスの定理の計算をする際に問題文中から見つけなければいけない形です。
この図形、きつねに見えませんか?
かわいくないですか?

メネラウスの定理というのは文字で表わすと非常にゴチャゴチャしていて覚えにくいです。
しかし、親しみやすいことばであれば頭に残りやすいのではないでしょうか?

普段使っている公式や定理も違った視点で見てみると新しい発見があるかもしれません。

「メネラウス キツネ」で検索してみたら、自分と同じ発想をしている人がいて安心しました。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

理科の1問1答問題集を作成しています。

みなさんこんにちは!
学習空間 厚木東・南足柄教室の田島です。

今中学生のために理科の手作り問題集を作っている最中です。
2年生の電気の途中でなんと500問を超えました。
3年生の分まで完成した場合、777問にできないかなーと思ってたりしています。

こうやって整理してみると3年間で覚えなければいけない事は本当にたくさんあるんだなと改めて実感しています。
そんな中、受験生にとってはあと少ししか時間が残されていません。

だからこそ受験期になるまでにどれだけ準備できるかが大切だなとも思いました。
今1、2年生の生徒達にも今作っている問題集を触ってもらいたいですね。

深夜のテンションで問題を作っていると、嫌がらせのような難しい問題をこっそり忍ばせてしまうのはここだけの秘密です^ ^

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

いちひくたんたんたんたたん

こんにちは!
個別指導塾の学習空間、厚木東・南足柄教室の田島です。

みなさん暗記しにくい数字やアルファベットの羅列を暗記するのにゴロ合わせを使うことが多いと思います。
中学3年生は元素周期表を20番目のCaまで、
理系高校生は第4周期のKrまで暗記していないとダメです…

そこで生きてくるのがゴロ合わせです。
水兵リーベー僕の船…
のような言葉を聞いたことが多いひとは多いのではないでしょうか。

さらに、ゴロ合わせを使いすぎるとむしろただの数字の羅列の方が頭に浮かぶようになってきます。
私もいくつかの公式は昔はゴロ合わせで暗記していましたが、使いすぎて魂に刻まれてしまっているものがいくつかあります。

暗記の入りはゴロ合わせで問題ないと思いますが、ぜひ皆さまも使いすぎて暗記してしまった公式がいくつか出てくるように
何度も問題を解いて頭に入れるとより強い受験生になれるのではないでしょうか。

タイトルのゴロ合わせは高校2年生の数学のタンジェントの加法定理です。

tan(a+b)=tana+tanb/1-tanatanb
です。覚えて帰りましょう!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

台風 タイフーン ハリケーン サイクロン

こんにちは!
個別指導塾の学習空間、厚木東・南足柄教室の田島です。

先週台風14号が日本列島に直撃するかと思いきやそうではなかったという出来事がありました。
平日に直撃すれば学校休みになったのに……と思った生徒はいたのではないでしょうか。
私は洗濯物が貯まっていて早く通過してほしかったです。

さて、タイトルにも書きましたが台風のようなものを表す言葉はいっぱいありますが、それぞれの違いって何でしょう?
実はそれぞれ厳密な定義があり、全く違うものなのです。

まず、台風というのは日本独自のものであり海外では全く通用しない言葉です。
理科の授業で熱帯低気圧が発達し、風速17.2m/s以上になったものということは学校で学んでると思います。
では残りの3つは何が違うのでしょう?

それはなんと発生した場所によって名前が違うのです。

ハリケーン、タイフーン、サイクロンは3つとも最大風速が32.7m/sになっとものというところは共通しています。
タイフーンは日本がある付近の北西太平洋
ハリケーンはアメリカの西海岸東海岸の両方
サイクロンはインド洋や東南アジア付近の南西太平洋で発生したものである。

理科に登場する言葉は曖昧なものはなく(ないって断言しちゃだめな気がするが)
基本的にはどの言葉にも厳密な定義があります。
それも踏まえて理科の勉強を進めてくれると嬉しいです。

サイクロンは相手の魔法トラップを1枚破壊する速攻魔法で
ハリケーンは禁止カードなので使っちゃダメです。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

体育祭をyoutubeで中継

こんにちは。
個別指導塾の学習空間、厚木東・南足柄教室の田島です。

多くの学校でテストが終わり、一息ついた頃かと思われます。
そして学校行事である体育祭や文化発表会は今の時期に行われる中学校が多そうです。

そんな中、ある生徒から面白い話を聞きました。
「うちの中学校では体育祭のyoutubeライブが行われる。」と。

感染症対策の観点から見ると学校という場に子ども以外の人間を入れるわけにはいかないので保護者でも呼ぶ事はできないと思います。
それでも子どもの体育祭での活躍を見たいという保護者様もいると思います。
その対策案としてライブ中継を行うという新しい試みが行われるようです。

その話を聞いて私は、このような大変な時期でありながら新しいことにどんどん挑戦する先生の姿勢に敬意を表するとともに、
自分もあれはダメこれもダメではなく何か新たに出来る事は無いかとクリエイティブな考え方を持って仕事をしていきたいと思いました。

web学習空間等新しい事には挑戦してはいますが、もっともっと自分にできる事は無いかと考えていきたいです。

多分生徒の保護者でもない部外者の自分がその放送を見る事は許されないと思います…

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

熱中症対策を

こんにちは。
個別指導塾の学習空間、厚木東・南足柄教室の田島です。

長い雨の期間が終わり一気に気温が上がったことによって、ちょっと外に出るだけで汗をかく季節になりました。
それでも感染症対策を怠ることはできないので、窓は開けっ放しになります。
クーラーをつけているのにも関わらず、冷たい空気は外に逃げて室内の温度は外とさほど変わらない気がします。

室内にいるのにも関わらす、熱中症の危険性があるように感じます。
教室内でできることといえば水分補給をきっちりとることだと思います。

最近教室内でも部活に使うような大きな水筒を持ってきている生徒を見かけることがありますが、とても良いことだと思います。
各自熱中症対策をしっかりして、体調に気を付けながら学習をしましょう。

長袖長ズボンのスーツで指導している自分が一番気を付けなければいけませんね……

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

課題と勉強のルーティーン

こんにちは!
個別指導塾の学習空間、小田原東・南足柄教室の黒須です!

 新型コロナによる休校の影響で、多くの課題が出された方も多いと思います。私も両教室でたくさんの課題を出された生徒さんたちと一緒に日々格闘中です!
学習空間では現在分散登塾やWebを使った指導をしておりますが、ご家庭の「休校しなくてよかった!」というお声をよく頂きます。私共としましても、早めの予習で新学期からのスタートダッシュを決めたい時期ではありますが、多量の課題の存在が大きく、「通年のような『予習→学校の勉強→復習』というサイクルが作りにくくなっているのかな」と、感じざるを得ません。そのような状況ということもあり、多くの生徒さんには「ご家庭と塾での勉強の違い」についてお話させて頂いております。

 「塾」と「ご家庭」とでは、勉強にどのような違いがあるのか――。

 私は、この時期だからこそ作れる勉強のルーティーンがあると思います。
 個別指導の1番の強みは、「わからない部分を丁寧に教えてくれる」ことです。だからこそ、ご自宅では自分のできる範囲の勉強を。塾では、わからなかった部分や予習・復習をして、本来学校があった時以上に理解を深められるような勉強をしていこうね!というお話を致します。類を見ないようなイレギュラーな期間ではありますが、私共としましてもより一層、1人1人に寄り添う指導というものを再確認する機会になりました。

 先の見えない不安な時期ではございますが勉強や生活のリズムなど、よりよいサイクルが作れますよう、我々もサポートしていきたいと思っております!
 体調管理には十分注意をしつつ、一緒に頑張っていきましょう!!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間