神奈川の塾なら個別指導の学習空間

5月という時期!

個別指導学習空間、小田原東・南足柄教室の黒須です!!
だんだんと陽気も暖かくなり春から夏へと変わりゆくこの時期、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
首都圏各地では緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などが延長されましたが、今後どうなっていくのかとても心配です。

5月といえば、GWを満喫してからの「5月病」なんてものがありますよね!
僕も学生時代は、GWが終わるのが嫌すぎて現実逃避しそうになったこともありました(笑)
医学的に言うと「適応障害」に位置づけられるみたいですが、他にも身近なものをご存じでしょうか?

皆様は「ブルーマンデー症候群」という言葉を聞いたことはありますか?
別名を「サザエさん症候群」ともいうみたいです。これは、日曜日の夜になると、「あー、明日学校に行きたくないなー」とか「月曜日の仕事休んじゃおうかなー」という気分になるものです。誰しもが一度は感じたことがあるのではないでしょうか?ちょうどサザエさんが放送されている時間帯(18:30)ぐらいに起こることからそんな別名がついたようです!そこは「ちびまる子ちゃん症候群」ではダメだったのでしょうか?笑

とは言いつつも2学期制の中学校では6月の上旬から中旬にかけて電気の中間テストがおこなわれるところがほとんどだと思います。上記のような「勉強から遠ざかりたい気持ち」に心を揺さぶられることも多いとは思いますが、一緒に全力で頑張っていきましょう!!
では今日はこの辺で!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

ゴールデンウィークにて

みなさん、こんにちは。学習空間 横浜エリア 戸塚平教室の宮川です。

明日からゴールデンウィークですね。

ただ、東京では緊急事態宣言がでていて、私は神奈川県民ですが、外出しにくいなと思っております。

なので!!!今年のゴールデンウィークは前回言っていた筋肉トレーニング!!を始めようかなと思っております。さすがにスポーツジムだと外出しないといけないので、家でもできる簡単な筋トレグッズや腹筋、腕立て、スクワットなどをやっていこうかな?と思っております。

ゴールデンウィーク明けのムキムキの私に生徒たちは驚くでしょう。
冗談はさておき、ゴールデンウィーク中も新規生徒募集です!!

ご面談等はゴールデンウィーク明けにはなってしまいますが、ぜひ学習空間を体験してみたい方は、塾をさがしているという方はご連絡お待ちしております。

以上宮川でした。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

顕性形質と潜性形質

みなさんこんにちは!
個別指導塾の学習空間、厚木東・南足柄教室の田島です。

新年度になりました。
みなさんは新しくなった教科書を読んだりしていますか?
その中で驚くことが書かれていたので紹介したいと思います。

それはタイトルにもある通り、顕性形質と潜性形質です。

中学3年生の理科の生物の授業で習う単語だったのですが、
去年までは優性形質、劣性形質ということばでした。
それが今年から名前が変わった単語です。

なぜ変わったかというと、
優勢形質と劣性形質という言葉を見ると優性が優れていて、劣性が劣っているように感じます。
しかしそういったことではないです。
ただ単純に、子どもに現れやすいのかどうかというだけであって
その形質に優劣があるわけではないです。

そういった誤解しやすい言葉が変わっていくのは時代の流れを感じますね!

今年は教科書改訂の年なので探せばもっといっぱい新しい言葉があるかもしれません。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

4月もおわり!

個別指導塾の学習空間、平塚中原・伊勢原教室の松本です!

みなさんこんばんは!

タイトルにもあります通り、早いものでもう新年度に入って1カ月が経とうとしております。

教室に通われている生徒さんたちも、新しい環境にだいぶ慣れてきているころだと思います。
この1週間で授業や部活など学校生活も本格的に始まり、少し疲れが見えている生徒さんもいらっしゃいますね。
来週1週間が終わると、GWに入ります。ここまで溜まった疲れをしっかりリフレッシュしていきましょう!

GWが明けると、早い学校では定期テスト2週間前になります。新年度1発目のテストで満足のいく結果がでるように準備していきましょうね!

それでは!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

帰ってきた講師

神奈川県、そして横浜市のみなさま、初めまして。学習空間、横浜エリア、戸塚平戸教室の宮川といいます。

今までは静岡県御殿場市の学習空間御殿場教室で教室長を務めておりました。
そして、この度、学習空間が横浜市に初上陸させていただきました。

横浜市初の教室となるのがこの戸塚平戸教室となります。

横浜市初の教室なのに、タイトルは【帰ってきた講師】?まあ、変ですよね。

実は、私はもともと川崎出身なのです。なので、正確には隣の市ですが、よく横浜には遊びだったり仕事で行ってたりしたので、ほぼ帰ってきたということです。

まだ戸塚区平戸に一教室のみの寂しい状況ではありますが、これから横浜市に学習空間ありと思ってもらえるように、教室も増やしていこうと思っていますし、
なにより横浜市民の皆様に愛される学習塾を目指しております。

戸塚区の平戸や南区の六ッ川、保土ヶ谷区の境木など、その周辺地域にお住まいで塾を探していらっしゃる方、新規生徒を募集中ですので、お気軽にご連絡ください。

以上、戸塚平戸教室 宮川でした。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

春期講習!!

個別指導の学習空間 平塚中原・伊勢原教室の松本です!

みなさんこんにちは!

各教室で春期講習が始まっていますね!6日間と
いう短い期間ではありますが、多くの生徒さんが次学年を見越した濃い内容をやっていただいています。講習メニューでやる量は少なくないと思いますが、授業が止まっているチャンスを最大限活かしていきましょう!

さて、どの学年でも、数学の始まりは計算がメインになります。今まで数学が苦手だった生徒さんでも、練習をしっかり積めば必ず点数がとれるチャンスになりますので、やり方が分かったら何度も繰り返しをしていきましょう!
また数学が比較的得意な生徒さんは、一つのケアレスミスで大きく点数を落としてしまう怖さがある分野になります。途中式をしっかり書くこと・間違い直しを丁寧にやるなど、普段の進め方を今一度確認していきましょう!

新年度一発目のテストに向けて、今だからこそやれる準備をしていきましょう!それでは!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

集合写真において誰も目をつぶっていない写真を撮るために必要な枚数

みなさんこんにちは!
個別指導塾の学習空間。厚木東・南足柄教室の田島です。

春ですね!
3月末ということでお別れの季節となって参りました。
別々の学校に行く前にクラス全員や仲のいい友達で集まって写真を撮ることがあるかと思います。

その写真で目をつぶってしまう人がいると悲しいですよね…

実は集合写真において誰も目をつぶっていない写真を撮るために必要な枚数というものが数学的に考えられていることはご存じでしょうか?
2006年イグノーベル賞の数学賞において大真面目な研究が発表されました。

なんと複雑な公式がありますがここでは割愛します。
明日から使える便利な数字だけお伝えします。

20人以下の人数で写真を撮る場合、
明るい場所なら「人数÷3」
暗い場所なら「人数÷2」
の枚数を撮影すればOKらしいです。

数学というものがこんなくだらないけど役に立つことに使われてるということでちょっとでも数学が面白いと思っていただけると嬉しいです。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

中・高と卒業式も終わり

個別指導塾の学習空間、大井松田・厚木東教室の小林です!!

こんにちは!!
学習空間神奈川エリアは春期休校に入っております。
この間に、休み明けに予定されている保護者面談や春期講習の準備をしていきます!!

さてさて、お休みに入る前に公立中学校は卒業式がありました。
感染症で規模は縮小されている中ですが、記憶に残る卒業式であったのであれば幸いです。

私自身はあまり、中学校の卒業式に良い思い出はないのですが…(今まで生きてきてたった1回のインフルエンザがこの時でした(泣))
でも小・中・高・大と一番泣きそうになったのが中学校の卒業式だったかなぁと。それだけ思いで深かった印象はあります。

「中学校」の卒業式は一生に一度ですからね!感染症で規模は縮小されている中ですが、記憶に残る卒業式であったのであれば幸いです。

さてさて中3生は、高校入学まで一息と思いきや、そろそろ高校から課題が配られます!!もう高校生活のスタートダッシュに向けて始まっていますので、そろそろ勉強も感覚を取り戻していきたいですね!

それではまた休み明けにお会いしましょう☆

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

何の勉強をすればいいですか?

 個別指導学習空間、小田原東・南足柄教室の黒須です!!
 季節も3月に入り、中・高校生は入試や学期末テストがひと段落してきた頃なのかなと思います。次の学年に向けて、しっかり準備をできたらと考えております。

 さて、受験を終えたこのシーズンの中3生によく「何の勉強した方がいいですか?」と聞かれます。数学と英語の予習・復習は必須だと思うのですが、個人的には自身が文系か理系かを考えてもらったうえで、特に文系に進みそうな生徒さんには国語の現代文の文法をやってもらったりしています。

 理由としましては、高校の古文の授業では現代文のような文法がメインになるからです!中学までの国語は高校ほど文法に比重が置かれていません。小説や評論、古典の読解がメインであって、文法や文学史などはテストの時の点数配分としてはそんなに高くないのが現状です。

 ただ、高校の古文の授業になると、現代文の文法ができることが当たり前であるかのように、古文の授業がスタートしていきます。「古文では現代文の五段活用が四段活用に変わって~」などという1番最初の授業の説明からわからなくなってしまうのが1番危険な状態です。そのような経緯によって、古文の授業の始めから「詰んでしまっている状態」になってしまうわけです。個人的には小学校の算数の四則計算ができないまま中学校に入学してしまうぐらいの危険度だとは思いますので、もし「何をやった方がいいですか?」という疑問をお持ちの中3生の生徒さんがいらっしゃったら、「国語の文法って理解できていたかな?」という疑問を持ってみてください!もし理解が薄いようでしたら、ぜひ国語の文法をお勧めします!!

本日はこの辺で失礼いたします!!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

受験おつかれさまでした!

個別指導塾の学習空間、平塚中原・伊勢原教室の松本です!

みなさんこんにちは!

中3生の生徒さんは、受験おつかれさまでした!

今年はコロナ禍の中で準備なども大変だったと思いますが、例年以上にがんばって勉強してくれた生徒さんが多かったです。

受験が終わってホッと一息もつかの間、4月からの新たな学校生活に向けて、さっそく高校の学習内容をやっていただいています。
受験を目標とするのではなく、その先を見据えて塾に来てくれていることを嬉しく思う反面、そういった生徒さんたちのほとんどが卒業して見られなくなるのは寂し気持ちもあります。

高校受験を通して学んだこと、得られた経験は決して無駄にはなりません。それぞれの教室で学んだことを忘れずに、次のステップに向かっていただければと思います。

それでは来週の月曜日、みなさんの良い結果報告をお待ちしております!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間